こども保育教育学科 <●幼稚園教諭・保育士コース  □保育士コース>

子どもの発達段階に応じた適切な援助、子どもと接する中で重要なコミュニケーション能力を養う

 保育・幼児教育の分野での幅広い視野と知識を持った子どものスペシャリストを育成しています。子どもの発達を間近にみることにより、喜びややりがいを感じてほしい。現場で何が求められているのか、何を身につけるべきか、現場からの声を生かし経験豊富な講師陣が指導をしています。「子どもが好きだから」だけではなく、学びに裏付けされた技術と心を身につけます。介護職員初任者研修を修了することで、高齢者・福祉についても学びます。
【幼稚園教諭・保育士コースと保育士コースの選択が可能】


カリキュラム

専門科目   専門外基礎科目
・こども学概論
・英語コミュニケーションⅠ
・健康科学
・憲法
・スポーツ(実技)
・情報リテラシーと処理技術
・卒業研究
・教育原理
・教育心理学
・教育制度行政論
・教職論
・教育課程論
・教育方法論
・発達検査法
・教育相談
・教育実習
・教育実習事前事後指導
・発達心理学
・保育・教職実践演習
・こどもと音楽表現Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
・こどもと音楽Ⅰ・Ⅱ
・こどもと造形Ⅰ・Ⅱ
・こどもと言葉Ⅰ
・こどもと人間関係
・こどもと環境
・こどもと健康
・こどもと造形表現Ⅰ・Ⅱ
・こどもとリズム表現Ⅰ
・こどもと言語表現
・児童家庭福祉
・保育原理
・保育実習Ⅰ(保育所・施設)
・保育実習Ⅱ(保育所)
・社会的養護
・こどもと体育Ⅰ・Ⅱ
・国語Ⅰ
・社会的養護内容
・家庭支援論
・乳幼児保育
・障害児保育
・こどもの保健Ⅰ・Ⅱ
・保育内容総論
・こどもの食と栄養
・相談援助
・保育相談支援
・保育実習事前事後
・こどもの保健Ⅲ
・こどもと文字
・保育指導法Ⅰ・Ⅱ
・保育実習指導Ⅰ・Ⅱ
・卒業研究
・マナー①・②
・実践ピアノ
・レクリエーション概論
・レクリエーション活動援助法
・国語表現
・一般教養対策講座
・専門科目対策講座
・教員対策(専門)
・キャリア教育Ⅰ・Ⅱ
・社会貢献と地域活動
・社会人基礎講座
・保育表現①・②
・製作活動①・②
・おたより講座


※土曜・日曜にスクーリングが入る場合があります



●こどもと音楽Ⅰ・Ⅱ
 朝の会、昼食の時間、帰りの会、お遊戯会、リズム体操等、音楽にふれる場面はたくさんあります。子どもたちが楽しく歌ったり踊ったりするためには、伴奏が必要です。基礎的な知識・技術だけでなく、弾き歌いや伴奏付けも指導します。
【キーボードの無料貸出】
  希望者に自宅練習のためのキーボードを無料で貸し出します。


●製作活動
 手の動き・感性・思考が一体となった子どもの製作活動は、子どもの豊かな発達を培うものであることを踏まえ、材料への取り組み方、発想の出し方、そして形や色の造形的なことについて製作体験を通して学びます。そして、子どもの造形活動の指導援助者としての保育の実践的展開を支える造形の基礎技能の習得を目指します。




●クラブ活動
 2015年度からCHUFUKUクラブ活動が始まりました。学科の垣根を越えた活動がまた1つ増え、学生たちのキャンパスライフがますます鮮やかに彩られることでしょう。

①球技クラブ
  
②幼児体育クラブ
   
③調理・小物クラブ
  

保育所実習・教育実習

 授業で学んだ知識や技術を生かし、現場で起こる様々な出来事に対応できる力を身につけましょう。自分の実力を確認することや課題を見つけることも必要です。

●一年次
  11月・体験実習(3日間)
  1月・保育所実習(2週間)
  2月・介護職員初任者研修

●二年次
   6月・幼稚園教育実習(4週間)
   9月・施設実習(10日間)
   11月・保育所実習(2週間)
※保育士コースは幼稚園教育実習は行いません。

取得資格

保育士資格(国) 保育所、乳児院、児童養護施設などの児童福祉施設で児童の保育に従事する児童福祉法に規定されている資格です。 子どもの健全な心身の発達を保育を通して援助しその保護者に保育に関する指導も行います。乳幼児期は子どもが生涯にわたる人間形成の基礎を培う重要な時期であり、多様なニーズに対応できる質の高い保育士が求められています。
 幼稚園教諭2種免許状(国) 3歳から小学校前までの幼児を保育の対象とし、登園した幼児の健康状態をチェックし、一緒に遊びながら色々な用具や道具の使い方を知らせたり、友だちつくりの援助をします。そして音楽、絵画、運動などの指導、また子どもたちへの直接的な教育のほか、日誌やカリキュラムの作成、連絡帳を書いたり行事の準備、壁面装飾、掃除など仕事の範囲は多岐にわたります。
 社会福祉主事任用資格 福祉事務所や児童相談所など福祉行政の仕事に従事する時に必要な要件として定められています。現在は様々な社会福祉施設で、採用時の資格要件とされています。
レクリエーションインストラクター 子どもが体験する『遊び』を通して『学び』へとつながる習慣を身につけさせます。豊かな感性をもつことが大切です。
介護職員初任者研修修了者 高齢者や障がいをお持ちの方への日常的なサポートをするうえで必要な基本的な技術・知識を学びます。
上級救命講習修了証
短期大学士
専門士
         ●は幼稚園教諭・保育士コース、□は保育士コースでの取得資格です。

将来の活躍の場

卒業生のことば 保育所(保育園)
幼稚園
認定こども園
児童養護施設
母子生活支援施設
障がい者(児)施設
乳児院  など

講師からのメッセージ

Smile・・・いつも笑顔で・・・
こども保育教育学科 学科長  真鍋由紀子

 乳幼児期は、人格形成の基礎を培い生活習慣を育むとても大切な時期です。周りの環境から多くのことを吸収するため、保育者もその環境の一部となり、子どもたちの成長に大きな影響を与えます。そう思うと責任重大ですが、子どもと一緒に活動する中で子どもたちの感性に触れ、子どもから多くのことを学び、子どもと共に成長していく素敵な仕事です。
 皆さんにも得意なこと苦手なことがあるように、子ども一人ひとりにも個性があります。その個性を引き出し、伸ばしていくためには、“褒める”こと。子どもは褒められることで、自分の存在を認められたと感じ、自信を持ちやる気を出します。また、保育者がいつも笑顔で接していると子どもは安心します。子どもの目線で一緒に共感し感動する素敵な保育者を目指して一緒に学びましょう。

“なりたい自分”への第一歩
こども保育教育学科 教員  佐藤真通

 子ども達は、元気で明るい先生が大好きです。一生懸命遊んでくれる先生が大好きです。
 子どもと大人が生活していると、よく「なんで○○したの!」と思ってしまいがちですが、その行動や言動の裏には、必ず子どもなりの理由(ワケ)があります。まずはその背景を受け止め、正しい方向へと導いてあげる。それも一人のヒトと向き合う上でとても大切なこと。保育はヒト×ヒトとの関わりだからこそ、とてもやりがいを感じられる職業です。
 また、子ども達は、一日の大半を保育園や幼稚園で過ごしますので、一人ひとりの個性や成長、可能性を見届けられるとても魅力的な職業であるとも言えます。
 そして一言で保育者といっても、選択肢は様々です。その枝分かれした道を自分自身で選択しながら、”本当になりたい自分”を見つけ出していってほしいと思います。
 実は私もこの『ちゅうふく』の卒業生なんです。諦めずに夢を追い続け、自分の人生の第一歩をこの『中福』で一緒に踏み出しましょう!